読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本と映画と西荻と

本と映画と世界の歴史と  相棒オリンパスと西荻窪で

映画のある人生への第一歩

慣れない仕事を終え、向かうは駅前TSUTAYA

 

映画を一本借りて、スーパーでお菓子を買って準備万端

 

休みの前が一番ワクワクするのはいくつになっても変わらない

 

 

一週間で最も大切な時間の一つ

 

 

 

 

「一番好きな映画は何か?」

と聞かれるとすごく困る

 

 

自分のセンスが、性格が、問われている気がして…

 

 

そんな中、数ある候補の中から挙がる可能性のある一本がこれ

 

 

 

f:id:shoheisss:20161220004754j:plain

 

 

 

 

原作はスティーブン・キングの小説らしいですね

 

この映画を知ったのは、Mr.Childrenの歌「one two three 」を聴いた時

 

映画のタイトルであることも知らなかった高校生の時分、親に尋ねると、誕生日プレゼントにこのDVDを贈られました

パッケージで持っている唯一の作品

 

 

思えばこれが映画のある人生への入り口だったかも

 

映画は見る時々で感想が全く違ってくる

 

幼いとき

大人になったとき

充実した気分のとき

悲しいとき

晴れの日

しんと静まり返った深夜

 

高校生の時見て感じたものと、今見て感じるもの

きっと何かが違っているはず。

 

もう一度見てみようと思うのです

 

 

私の好きな一本

ショーシャンクの空に

f:id:shoheisss:20161220005215p:plain